英語を話すにはマインドが半分以上

今回は

英語を話すにはマインドが半分以上

という話をしていきます。

 

 

グループセッションや

体験セッションに来てくれた

方たちにはお話していますが

 

 

日本は

他の国に比較して

英語が話せる人が少ないとか

街で英語が通じないとか

 

言う人がいますが、

 

 

MIKIは

日本人は英語ができない

 

のではなく

 

英語をうまく使えていないだけ

 

だと思っています。

 

 

 

英語を話すのに

最低限必要な単語や文法は

 

中学校で習う

基礎ばかりです。

 

 

 

でも

それが出てこない

 

とおっしゃるかもしれませんが

 

 

 

トレーニングで

いくら出てくるようにしても

 

 

実践で話せない。。。

 

 

という人が大勢います。

 

 

 

一番問題なのは

英語が出てこないから

話せないのではなく

 

 

間違った英語をつかったらダメ

変な英語をつかったら恥ずかしい

 

 

そもそも

外国人と話すのは

めっちゃ緊張する

 

 

というような

マインドが半分以上だと

思っています。

 

このマインドを

変えない限り

 

どんなに

英語を学んでも

そう簡単に

話せるようにならない

 

 

ということを

覚えておいてください。

 

 

 

 

英語を話すための材料は

ほとんど

あなたの中に

あります。

 

 

あとは

それをどう組み合わせるか、

 

よく使うフレーズや

かっこいい言いいまわし等を

 

付け加えたら

もう充分です。

 

 

 

でも、

 

 

恥ずかしい、

間違いたくない、

緊張する、

 

 

そのような

こころの状態では

 

必要な英語も

出てこないでしょう。

 

 

 

まず、

英語を話す目的は何ですか?

 

 

外国人とのコミュニケーション?

道を聞かれたのでしょうか?

自分が必要な情報を得るため

でしょうか?

 

 

どれであっても

言葉は完璧でなくても大丈夫です。

 

学校で間違ったら

マル◯を

もらえなかったかもしれませんが

 

 

コミュニケーションは

キャッチボールですから

相手から投げられたボールを

自分のところで

ずーっと持っているのでは

キャッチボールは

成立しませんね。

 

 

 

私達が毎日話す日本語だって

そんなに完璧ではないですよね。

 

 

まして

外国人として

あなたが英語を使うのであれば

 

少しくらい間違ったとしても

 

どうということはありません。

 

 

 

ですから

間違いを恐れず

 

コミュニケーションを

すすめるという

気持ちが大切です。

 

では

どうしたらマインドを

変えていけるか

ですが

 

 

まずは

自分の英語能力でも

充分に

 

誰かのために

役立つことができると

知ることです。

 

 

 

単語1つ、2つしか話せなくても

異国で困っている人にとって

あなたは神様のように

見えるかもしれません。

 

 

 

そして

不安から

自由になりましょう。

 

 

例えば

変な英語を話して笑われる

間違って恥をかく

など

 

 

ほとんどの不安は

あなた自身がつくりだしています。

 

 

日本人の優しさから

 

中途半端ではなく

できるだけのことを

してあげたい、

 

間違った英語では恥ずかしい、

 

 

と思うかもしれませんが

 

誰かに手を差し伸べる

その行為だけで

充分素晴らしいと思いませんか?

 

 

うんうん、確かに

 

と思ったのであれば

是非、今から

あなたの周りの人に

手助けしましょう。

 

 

何も外国人に限ったことではなく

 

街を歩くお年寄り、

ベビーカーを押すママさん、

困って立ち止まる旅行者、

 

 

あなたが助けられる人は

たくさんいます。

 

そういうことから

始めて

 

多少間違っても

トライする

自分は

素晴らしい

 

 

と思ってもらいたいです。

 

いつも応援しています。

コメントは受け付けていません。

PAGE TOP