英語の強弱

札幌は曇り。
 
ちらちら雪が降ったりやんだり。
最高気温−4℃で
寒いです。
 
昨日、観光で来ている人と
話をしたのですが、
毛糸の帽子をかぶって
重装備だったので
「今日は寒かったでしょ?」
と聞いたら
「寒いけど、とってもきれい」
と言っていました。
 
雪景色や
イルミネーションは
きれいですよね。
 
毎日見てると
忘れがちだけど
そんな素敵な風景が
見られることに
感謝して過ごしたいです。
 
 
 
 

英語の強弱

英語の強弱
 
 
 
英語を話す上で
どこをはっきり強く発音するか
はとても重要です。
 
 
例えば
 
名前を尋ねるとします。
 
May I have you name, please?
 
この文で言うと
一番重要な単語は
 
name
 
 
二番目に重要な単語は
 
have と please
 
 
極端なことを言えば
 
Name, please.
 
最後を上げるように
聞いても通じます。
 
 
それを踏まえて
 
もう一度口に出してみてください。
 
May I have your name, please?
 
メアハビョア ネイム プリーズ
   1    2   3
 
簡単に書くとこんな感じ。
話している時間は、1、2、3ともに
同じくらいの時間です。
 
 
強調する
言い方のコツがわかりましたか?
 
 
この質問に
答える場合は
 
My name is Miki.
I’m Miki.
 
どちらでもいいのですが、
 
重要な点は
名前ですから
 
名前をゆっくりはっきり
言いましょう。
 
 
同じように
 
出身地を尋ねてみましょう。
 
Where do you come from?
 
この文で重要な単語は?
 
Where と come
 
ですね。
 
 
やはり
重要な部分を
ゆっくりはっきり
発音します。
 
他の部分を早めに言うと
より伝わります。
 
 
 
Where are you from?
 
ということもできます。
 
 
この場合は
 
Where と from
 
を強調しましょう。
 
 
 
この答えは
 
I’m from Sapporo.
 
答えの重要な点は
地名ですから、
 
Sapporo
 
をゆっくりはっきり
伝えます。
 
 
英語の発音は
音そのものだけではなく、
 
どこを強調するか
を意識して
英語らしい発音に
近づいてくださいね。
 
いつも応援しています。
 

コメントは受け付けていません。

PAGE TOP